湯来温泉「湯元」の配管工事が終了!お湯は出るのか・・・。

こんばんは!

NPO法人湯来観光地域づくり公社の佐藤です。

 

湯来温泉「湯元」露天風呂 復活プロジェクト。

4日目の本日。

ファンディングによるご支援はもちろんこと、
FacebookページのシェアやTwitterのリツイートもたくさんしていただけて、

少しずつ広がりを感じています。

ありがとうございます!

 

さて、昨日は足場の構築のところまでお話ししましたが、

その後、お湯が出る配管の工事と、お湯を沸かすボイラーの設置が完了しました!

 

 

じゃん!

自然湧出しているところからお湯を汲み上げてボイラーで沸かして、

その後、浴槽にお湯を注ぐ、という構造になっています。

 

ではでは、さて、本当に、お 湯 は 出 る の か ・・・。

出た~~~~~~~~~!!!!

湯来温泉「湯元」に、約20年ぶりに、お湯が帰ってまいりました!

感慨深いです(T_T)

お湯が出るだけで、こんなに感動できるんですねぇ。

普段当たり前に温泉に入っていますが、

昔温泉を開発された方々は、こんな感動を味わわれていたのでしょうか。

尊敬と、ちょっと仲間になれた気分と、

こんな全国に温泉がある土地に生まれた感謝と!

大袈裟ですが^^;

 

さて、いよいよお湯が出るところまできました!

しかし、実はここからが本番。

これから、檜の浴槽を置く台を設置して、その上に浴槽を置くのですが、

何を隠そう、その浴槽は、なんと今から木を切り出すところから始めて、

浴槽を作ると言うではありませんか!

すごい!でも本当にうまくいくのか・・・。

僕たちにとっても未知の領域がスタートです。

 

さて、これからどんなことになっていくのか。

また、進捗はお伝え致します!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です