湯元の歴史

湯来温泉の歴史は長く、広島藩士で名絵師であった岡岷山が、1797年(寛政9年)に旅の道中の各地の風景を描いた『都志見往来諸勝図』には、温泉大名神社と宿屋数件が描かれています。これは現在の湯来温泉を流れる打尾谷川沿いの光景です。

赤丸の辺りが、現在の「湯元」か。当時は多田村温泉と呼ばれていたようです。

湯来温泉街としての歴史は約70年ほどです。その歴史の中でも、1989年(平成元年)7月に公共の無料露天風呂として「湯元」がオープンしたことは、大きな出来事でした。「湯元」には、広島市内からの日帰り客や湯来温泉に宿泊される方々の外湯として、県内だけに留まらず、中四国・九州から、多くの人が利用され、観光客の身体を癒やしていました。

当時の回覧板

また、「湯元」は地域住民にとっても欠かすことのできない、にぎわいの場として栄えました。源泉が約28℃で、水道水より温かいということもあり、地域の方々の手洗いの洗濯場としても活用されていました。温泉旅館の1日の始まりは、お客様の布団シーツや浴衣を「湯元」で手洗いして干すことが、日課になっていました。そして、必ず一番風呂は地元のおじいちゃんが入るなど、湯守人(温泉の維持管理)の様な役割を地域の方々が自然と担っていました。

昔の湯元の様子。

しかし、観光客減少による運転資金不足や、利用者のゴミ捨て、騒音、イタズラなどのマナー違反なども影響し、2000年(平成12年)3月に公共露天風呂「湯元」は、閉鎖に追い込まれました。それから約20年にわたり、全く利用されない状況が続きました。       ​

温泉街としても、日々めまぐるしく変化する観光ニーズに対応できず、後継者不足、マンネリ経営、施設の老朽化などによって、衰退の一途をたどる一方でした。

使われなくなった湯元

湯元、再生へ

一番栄えたいたはずの湯来温泉街には、人はまばら。湯来の中心である、湯来温泉街に活気を取り戻したい。人がそぞろ歩きして、行きたくなる温泉街にしたい。そのためには、「湯元」を復活させる必要があるのではないか。でも、かつての浴槽は水漏れし放題の状況で、一体どうやって…。

 

物語は、つづく…。

ご支援のお願い(クラウドファンディング実施中)

温泉復活を応援したい!という方はこちら

このプロジェクト、日本で最も実績のあるクラウドファンディングサービス「Readyfor」を利用して支援を募っています。詳細は、上記の画像をクリックしてご覧ください。