湯来温泉「湯元」露天風呂 過去の事 その3

どーも!

 

真夜中の記事投稿になります

48歳ハイスタ世代の有本です

 

前回と前々回、子供は水遊び、大人は洗濯 と言う話をしましたが…

1989年〜2000年の間 共同露天風呂として開業してました

無料で利用できるという事も合間って

とても賑わっていたという記憶があります

 

これはあまり知られていない事とは思うんですが

共同露天風呂に積み上げられている石は、すべて手づくりです

 

 

各旅館(当時はおそらく5軒)のオーナーを中心とした関係者で

石を集めるところから、石を磨いて、石を積み上げて、コンクリートで固定する

っと、文字で書けば単純なんですが、何ヶ月もかけて

暇をみつけては作業していた記憶があります

 

当時一番下っ端だった僕は(今でもですがw)

各旅館の先輩方に怒られながらですが、色々と学ぶことの多く

出来上がる喜びを感じながら作業していた思い出があります

 

左官屋さんがみたら一発でわかるシロウト仕事ですw

 

 

残念ながら、今この作業に関わって

現役でこの湯来温泉で働いているのは僕だけになってしましました

 

今現在の湯来温泉街の衰退の原因に

僕も含めた各旅館のオーナーたちの責任があるのは間違えありません

 

しかしこの約70年間、湯来温泉を良い時も悪い時も

支えて来たのも間違えありません

 

かつての露天風呂の石積みを残したまま

当時の状態を確認頂けます

お越しの際はぜひご覧ください

 

「STAYGOLD」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です