湯来温泉「湯元」露天風呂 過去の事 その2

どーも!

 

2回目の投稿になります

グロウル、ガテラル、フォールスコード、フライスクリームを身にまとった

48歳の3児のパパ、有本です

 

前回、当時子供たちは…水遊びしてましたっていう話をしたんですが

大人も人達も負けてません

 

それはスバリ…

洗濯をしてました!

 

TV番組の「有吉の木を切る」で少し触れて頂いていたので

露出情報でしたねw

 

当時、近所のおばちゃんは「湯元」へ洗濯に来られてました

 

その理由は様々ですが、やはり普通の水より若干温かい28℃の源泉は

手に優しく汚れも良く落ちたと聞いてます

 

旅館でも特に汚れがひどい浴衣やシーツなどを洗うのが

朝の日課だった様です

 

▼▼「湯元」には当時の面影を残す岩があります▼▼

ちょうど入口の階段を降りた辺り

 

 

正式名称ではないと思うんですが

「魔の洗濯岩」と僕たちは呼んでましたw

何故「魔…」かと言うと

遊ぶのに夢中になり、上にのって滑って何回も転けているからですw

 

 

洗濯板の代わりに使われていて、衣類を痛めないよう

丁度よく表面が削れて、岩の隙間に石鹸残ってます

 

今では、どの家庭にも当たり前のように洗濯機があるので

わざわざ洗濯に訪れる人も居なくなりましたが…

 

これもまた僕たちが未来に、語り継いて残していかなければならない

「湯元」ではないでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です